(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

思考停止ワード「無理です」を使わない。

■「できます」と「無理です」

 仕事をしていれば、顧客や同僚から、色んなことを頼まれます。

 頼まれた時の回答として、「できます」というものがあります。

 対極にあるのが、「無理です」。

 

 「無理です」には、

 ①誰がどうやっても無理なことと

 ②人によっては出来るけど自分には無理だということ

があります。

 

 ①は、それをきちんと言うことが信頼につながります。

 ②は、これを言わずに済むようになればなるほど信頼につながります。出来ないことを「できます」と言いましょうということではなく、「できます」と言える実力を付けるということです。

 

■「無理です」は無責任。

 「できます」は、結果を出すという責任が生じます。

 「やってみます」は、やってみるという責任が生じます。

 「無理です」は、結果にも、やってみるということにも責任は生じません。

 だから、短期的には、「無理です」と言っておいた方が楽です。

 

■言ってもらえる内に気づく。

 周りの人が、「いや、こうやれば出来るじゃないですか」とアドバイスしても、当の本人が、

 「忙しいから無理です」

 「やったことないから無理です」

 「こういう条件が揃わないと無理です」

と閉ざしてしまったら、それはもう、その本人にとっては確かに無理なんです。

 「忙しい」を連呼する人が、どんなに非効率的な仕事をしていても、本人にとっては「忙しいから無理」は真実です。

 

 ある程度までは、「いや、こういう風にやったらできますよ」とか「もっと頑張ってくださいよ」と言ってもらえます。

 それで気付いて、自分の能力を高めて、意識を変えて、「できます」と言える割合を増やせたら信頼を得られます。

 

 だけど、それでも「無理です」と言い続けると、周りはどんどん諦めていきます。

 なぜか「無理って言ってるじゃないですか」「だから無理って言ったじゃないですか」と逆ギレする人には、諦めるしかありません。

 そして、「もっと頑張ってくださいよ」という代わりに、何も言わなくなります。

 

■思考停止ワード

 「無理です」は思考停止ワードです。

 それを言ってしまった時点で、「私にはもう、どうすることもできません」と白旗を上げた状態です。

 事ある毎に「ありえない」と言ってしまう人も同じです。

 

 「ありえない」と言ってしまった時点で、白旗を上げた状態です。

 自分の狭い世界からすればありえないことでも、現に起きているのだから、対処するしかありません。

 「僕にとってはありえないことなので、対処できなくても仕方ないです」と言って許されるような甘い世界はありません。

 

■おわりに。

 これ以上仕事を抱えたくない、調べる時間が取れない、そういう時には、ついつい「無理です」と言いたくなります。

 だけど、出来るだけ言わないようにする。

 言うとしても、「今は厳しいですが、1週間後なら大丈夫です」と代替案を示す。

 そういう積み重ねが大事ではないかと思います。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ