(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「習慣化」の力で目標達成!~⑤「どうやって」習慣化するか?〜

■「どうやって」習慣化するか?

 これまで4回に渡り、「何を」習慣化するかについて書いてきました。

 この過程で、習慣化対象(チャレンジ)としてシンプルな行動ルールを設定します。

「習慣化」の力で目標達成!~①習慣化の威力~ 

「習慣化」の力で目標達成!~②「何を」習慣化するのか?~

「習慣化」の力で目標達成!〜③行動ルール設定の留意点〜 

「習慣化」の力で目標達成!~④逆算アプローチ以外で習慣化対象を探す~

 次は、「どうやって」それを習慣化するか。

 やるべきことは分かっていても、なかなかできないのが人間なので、習慣化にも一工夫が必要です。

 f:id:happylife_r:20140614164202j:plain

■連続講座の取り組み

 僕が開催している連続講座では、
 ① Facebookグループでの報告
 ② 定期的なシェアミーティング
によって、習慣化を図っています。


■①Facebookグループでの報告

 主催者・参加者限定のFacebookグループを作ります。

 主催者が、毎朝、「今日のチャレンジ報告◯月◯日 ◯日目」というスレッドを立てます。

 そのスレッドのコメント欄に、参加者が、「今日もやりました!」と報告します。

 基本的にはやりましたという報告だけでOKなのですが、自由に記載して構いません。

 チャレンジを続けてみて気付いたことや、意識の変化も付け加えて書かれる方が多く、それを読んでいるだけで楽しいです。

 また、時には他の方のコメントに対してコメントをしたりして、会話になることもあります。

 

 一人でコツコツやるのは結構しんどい作業なのですが、こうすることで、「成長を見てくれている」という意識が生まれます。

 また、一人だとサボっても誰にも知られませんが、適度な緊張感を保つことができます。

 

■②定期的なシェアミーティング

 最初の習慣化対象を決めて1週間後に、まず集まりました。

 この集まりを、「シェアミーティング」と呼んでいます。

 1週間続けてみてどうだったか、1人ずつ発表します。

 

 その後は、2週間間隔位で集まります。

 

 単に「何日中何日できました」という結果報告だけではなく、

 ・ こういう時に達成できないことがある

 (例)夜やろうと思っていたけど飲みに行くとできない

    週末になると疲れが溜まってしんどくなる

 

 ・ こういう気付きや変化があった

 (例)早起きを続けると体調が良くなった

    毎日手料理を作ると食品を腐らせることが減った

という相談や報告も行います。

 

 時間を取って皆で解決策を考えている内に、またモチベーションが上がりますし、有効な解決策も浮かびます。

 人の悩みを聞くと、「そうそう、自分も!」ということも多く、それを解決するたびに新たな気付きがあります。

 

 時には、習慣化できないのは、そもそも習慣化対象の設定の仕方がまずいということもあります。 

  そういう場合は、他者の視点も借りて、チャレンジを見直します。

 

■「一人」か「皆で」か。

 僕はこれまで一人でコツコツ努力するタイプでした。

 「皆で」というのが好きではなく、「群れている」と感じていました。

 ただ、集まることで、達成できることもある。

 集まることで、達成の速度が速まることもある。

 そういうことに、気付きました。

 今も、「とりあえず皆で」というのは絶対にしませんし、群れることは避けていますが、どういう意識で、どういう人達と集まるか次第だと思います。

 

 是非、皆さんもやってみてください!

 

今日もお読みいただきありがとうございました!「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ