(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「習慣化」の力で目標達成!~①習慣化の威力~

■習慣化にフォーカスした連続講座スタート!

 先日から、「習慣化」の力を使って目標達成しよう!」という連続講座を始めました。

f:id:happylife_r:20140519123026j:plain

 ダイエット、禁煙、早起き、勉強、読書、自分磨き等々。

 「達成したいけどなかなか達成できていないこと」は、実は結構あります。 

 

■どうして達成できないの?

なかなか達成できない理由はいくつか考えられます。

①「忙しい」「時間がない」という理由。

 これは真っ先に思い浮かぶ理由です。

 だけど。

 近い将来、忙しくなくなる日は来るのでしょうか?

 近い将来、時間が十分取れる日は来るのでしょうか?

 効率化・合理化によってある程度の時間は捻出できても、またそこに別のことが入ってくるのではないでしょうか。

 

②「意志が弱い」「根性が無い」という理由。

 これもよく言われます。

 だけど。

 人間は易きに流れるもの。

 「意志」「根性」という抽象的なもので目標達成するのは容易ではありません。

 

■僕が考える理由。

 僕が考える「目標達成を阻む大きな理由」は、

  習慣化できていないから

だと考えます。

 つまり、「やるのが当たり前状態」に持って行けていないからだと考えます。

 反対に言うと、「やるのが当たり前状態」に持って行けたら、忙しくても、意志の強さに頼らずとも、目標達成に向けた積み重ねができるはず。

 

■習慣化の例。

 例えば、歯磨きや入浴をイメージしてください。

 「今日は時間が無かったから歯磨き出来なかった」ということは無いはず(まぁ、疲労困憊でできなかったり、飲んで帰ってそのまま寝ちゃったということはありますが、それは例外ですね)。

 「意志が弱くて歯磨きが続きません」ということも無いはず。

 これは、「歯磨きをするのが当たり前状態」になっているからです。

 これが、習慣化です。

 

 習慣化できれば、

 ・「今日はやろうかな、やめようかな」という判断も

 ・「頑張って時間を取ってやろう」という努力も

 ・「あー、面倒だな」という気持ちも

かなり減らすことができます。

 

■次の問題。 

 「やるのが当たり前状態」に持っていけば良い。それは分かった。

 だけど問題は、「どうやって」やるのが当たり前状態に持っていくの?ということですね。

 ・・・それについては改めて書きますので、お楽しみに。

 

 それと、

 「そもそも習慣化しないといけなようなことなら、本当にやりたいことじゃないんじゃない?」

 「本当にやりたいことなら、放っておいてもやるよ?」

という考え方もあります。

 この論点はいずれ取り上げます。

 

今日もお読みいただきありがとうございました!

「読んだよ~」の合図にクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ