(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

夢は、味わってみなければ分からない〜なぜ僕がこれを語るか?〜

■ 過去の自分。

 先日から、「夢」「やりたいこと」を発見する連続講座を始めました。

 夢を持つことの素晴らしさとか、夢を持つとこういう風に変わるとか、そういったことを熱弁する予定でした。

 だけど、話す直前になって、過去の自分を思い出して、ふと思いました。

 「あぁ、過去の自分は、夢を持つ素晴らしさをどれだけ聞いても、ピンと来なかったなぁ」

 

■ 知識ばかり増えていた過去の自分

 過去の自分は、たくさん本を読んだり人から話を聞いて、

 ・ 夢を持った方が良い

 ・ 夢を持つ、実現する過程には、こんな素晴らしいことがある

 そういう知識はどんどん増えていきました。

 

 だけど、全く実感もなく、ピンときませんでした。

 なぜなら、行動に移していなかったから。

 なぜなら、実際に味わってみようとしなかったから。

 結局、「あぁ、夢を持つと、そういう景色が見えるんだ」という「知識」しか増えませんでした。

 

■ 例えば

 いくらリゾート地のガイドブックを見ても。

 いくら実際に行った人の「めっちゃ良かったよ!」という話を聞いても。

 知識は増えるけど、一向に実感は湧きませんよね。

 何十冊ガイドブックを読んでも、実際に行った一回には到底及びません。

 百聞は一見にしかずとは、正にそのとおりです。

 

■ とにかく、味わってみる。

 だから、夢も、とにかく味わってみることです。

 

 もちろん、いきなり、「夢を達成した時の充実感」は味わえません。

 だけど、それを追いかける初期のワクワク感は、味わえます。

 「うわ、めっちゃ楽しい!」
 「こんな仲間と出会えるんだ!」

という風に、次々と色んなことに出会えます。

 味わっていくと、一つ一つ、「あぁ、本に書いてあったのはこういうことだったのか」という風に、どんどん実感として理解できるようになります。

 

 昔はサッパリ意味の分からなかったことが、ある時ふと、「あ!あの本に書いてあったことはこういうことか!」というインスピレーションに変わったことは一度や二度ではありません。

 

 以前読んだ本を読み返すと、以前は全く反応しなかった文章に、「正に書いてあるとおり!なんでここに赤線引いてないんだろう!」と思うこともよくあります。

 

 とにかく味を知ってしまうことです。

 本や人の話は大事ですが、全てを机上で知ることは不可能です。

 ある程度話を聞いたら、動いてみましょう。

 動いてみれば、必ず壁にぶつかります。

 その時に、また話を聴けば良いんです。

 

■ なぜ僕がこれを語るか。

 こう書くと、「いやいや、あなたはまだ夢を叶えていないでしょう?何が分かるの?」と反論されそうです。

 そこがポイントなんです。

 まだ夢を叶えていない僕ですら、味わってみたら分かったことがある。

 このことを、お伝えしたいんです。

 たくさんの大きな夢を叶えた成功者が、「味わってみるといいよ」というのも確かに説得的ですが、僕のような立場にある人ですら、そう思う。

 だから、まだ味わっていないあなたに向けて、この記事を書きました。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ