(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

人生はRPG!?〜新たな自分に会いに行く旅をしますか?〜

■ 人生はRPGに例えられる?

 人生がRPGに例えられることがありますが、「確かにそうだなぁ」と思うことがありました。

※ RPGといっても、今はやらないので、昔やっていたドラクエファイナルファンタジーの世界です。

 

 ある街で問題が起きていて、街の人から、「あの悪い奴を倒して下さい」なんて頼まれますよね。

 最初は、装備もレベルも足りないので、街の周辺のモンスターにすら手こずります。

 いきなり何とかの洞窟に挑んで、ボスじゃないモンスターにすら返り討ちに合ったりしながら、お金を貯めて装備を整えて、レベルを上げて、戦術を練って、悪い奴を倒します。

 すると、街の人からは「勇者様ぁ~」と称賛され、一躍その街のヒーローになります。

 最初は手こずっていたモンスターにも余裕で勝てるようになっています。

 

 ところが、次の街へ移動して新たな目標が出来ると、また装備もレベルも足りていないので、また手こずって、レベル上げて・・・。

 その繰り返しです。

 なんとなくイメージを持っていただけましたか?

 

■ 人生もこれと同じ。

 新たな分野にチャレンジすること、新たな人に出会うということは、「次の街へ移動した時」に似ています。

 

 それまでの自分では、太刀打ちできません。

 チャレンジしたばかりに、また高い壁にぶち当たります。

 スキルを上げて、四苦八苦して、壁を乗り越えようとします。

 そして、その壁を乗り越えたときは、また一つ大きくなった自分に出会えます。

 周りから褒められることだってあります。

 

 最近僕は、また壁にぶち当たっています。

 それは、チャレンジしたからです。

 

■ RPGでは味わえないこと。 

 RPGと人生の大きな違いは、

 「物語を進めるシナリオが用意されているかどうか」

だと思います。 

 

 RPGだと、「ラスボスを倒して世界平和を取り戻す」という最終目標が与えられていて、「次の街へチャレンジしようかなぁ、どうしようかなぁ」と迷うこと無く、チャレンジするのが当然です。

 そうやって、用意されたシナリオをこなすことがRPGです。

 

 だけど、人生では、シナリオなんて用意されていません。

 最終目標なんて誰も与えてくれません。

 そもそも最終目標が何なのか、模索する日々です。

 次はどこに行けば良いのか、都合良く教えてくれる人も居ません。

 

 チャレンジせず、今の自分に留まるのも自由。

 チャレンジして、新しい自分に会いに行くのも自由。

 ある時点までチャレンジを続けて、その場所で称賛されて満足するのも自由。

 

 やっぱり、人生の方が面白い。

  

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ