読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

(講演録)ワクワクする毎日のためにやっておくべき10のこと【⑩意識的に生きる】

 この記事は、2014年4月3日、同志社大学において、「僕が大学生に戻れたら、必ずやる10のこと」と題して、約50名の学生に対して僕が行った講演を再現したものです。

 大学生向けの講演だということはあまり考えず、「本当にやりたいことを見つけ、ワクワクした毎日を送る。その土台作りをしよう。」という方に是非お伝えしたいことです。

 ※講演のため、表現が浅い部分もありますが、あえてそのままにしてあります。

 (つづき)

―最後。

 意識的に生きる。

 これが、今日一番大事なこと。

 

―全てはこれに集約される。

 今日話した10個のことっていうのは、「ワクワクする人生を送るための土台作りにつながる」と言いましたが、「土台を作る」ということも、全部、「意識的に生きる」ということです。

 

 「意識的」の反対は「無意識」ではないですよ。

 気を失いながら生きるなってことじゃなくて、起きてんだけど、何も考えてない。考えが浅い。考えてる時間が短い。そういう人がたくさんいる。

 

 皆さんには、とにかく、今日何をやって、今日何をやらないか。それこそ、どこでお昼ごはんを食べて、誰とお昼ごはんを食べて、今日何時に帰って、帰って何をやるか、全部意識的に生きて欲しい。

 どういう気持で生きるかも、全部意識する。

 

 理想は、一挙手一投足に、意識を持たせる。

 何をする、何をしない、全ての行動、一挙手一投足に、意識を持たせる。

 これが、理想です。

 

 「なんで今あなたそれをしたんですか?」

 と聞かれたときに、全部説明ができるように。

 「これは僕にとって大切だからしたんです」という風に。

 

 「どうしてあなた仕事いくんですか?」と聞かれて、 

 「いや、生活のため」という答え。

 これも意識的に生きてはいますけど、物足りない。

 

 「この仕事をやることが、僕の将来の夢の礎になるから、仕事に行くんです」これが、僕の求める、意識的な仕事の仕方。

 

―小宮一慶さんの本

 小宮一慶さんという、テレビにも出ている経営コンサルタントで、本もたくさん出している方がいます。その方の言葉で、

 「散歩の途中で富士山に登った人は居ない」

という言葉があります。

 

 当たり前だろって思うと思うんですけど、散歩してて、「あぁ、たまたま富士山に登っちゃったよ」って人はいないんですよ。

 富士山に登った人は、必ず富士山に登ろうと思って登ってるんですよ。

 

 だけど、僕が今から、この教室を出るときの一歩一歩。

 この教室を出て会社に戻る場合と、この教室を出て富士山に登る場合、「歩み」という意味では、全く同じ。

 

 同じ「歩く」という行為でも、富士山の頂上に向かってるのか、別のところに向かってるのかという違い。

 それは、目標に向かって歩いているか、目標を定めずに歩いているかということ。

 皆さんは今日から、富士山に登るつもりで生きて欲しい。

─────────────────

【無料メルマガ】

だいたい週1配信メルマガ登録はこちら。

・ブログより5割増ストレートな描き下ろしコラム

・最新情報など。

http://reo7.araioffice.jp.net/mailmagazine.html