(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

直接見たこと、直接聞いたことを信じる~悪口や噂話を軽々しく信用しない~

僕は、人の評価に関しては、

 直接見たこと、

 直接聞いたことを基に判断する。

 

▼人は、

 噂話や悪口が好きだ。

 「あの人は◯◯だから気を付けた方が良いよ」

 「あの人はこういうところがあるよ」

 そうやって、

 予断や偏見を植え付けてくる人がいる。

 否、それは予断でも偏見でもなく、

 真実かもしれない。

 

▼だけど、

 そういった話は、

 参考として頭の片隅に入れておくことはあっても、

 それだけで判断はしない。

 

▼むしろ、

 悪口を言われたり、

 噂話をされる対象となっている

 その人は、

 「周りから嫉妬されるほど

  魅力的な人なのかもしれない」

 とすら思う。

 そして、

 噂話や悪口を耳に入れてくる人のことを、

 軽蔑する。

 

▼人それぞれ、

 自分のフィルターを通して人を見ている。

 人それぞれ、

 見えている景色も違う。

 人は、

 自分に都合の悪いことは積極的には話さない。

 

 「あの人を悪く言いたい」

 という結論ありきで、

 情報を取捨選択して人に話す。

 

 だから僕は、

 人からあれこれ言われたことを軽々に信用しない。

 

▼あるグループで、

 誰かがした噂話が、

 いつの間にか真実かのように広がることがある。

 

▼そして、

 思考停止に陥ったかのように、

 口々に、「あの人は◯◯だ」と言い始める。

 最初は「◯◯かもしれない」「◯◯らしい」

 だったのが、

 いつの間にか

 「◯◯だ」になっているから面白い。

 

▼だけど、

 そんな中にあって、

 直接見たこと、

 直接聞いたことを基に、

 自分の目と耳と頭で評価ができる人は、

 素敵だと思う。

 

99人が、

 「あの人は嫌な人だ」というのに、

 「僕は(私は)あの人のことが好きだけどね」

 と言える人は、素敵だと思う。

 

▼内田篤人選手の著書に、

 「僕は自分が見たことしか信じない」

 という本がある。

 とても好きなタイトルで、

 折にふれて思い出すフレーズ。