(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「認められたい」という渇望〜「くすぶる力」(齋藤孝さん著)〜

 ■ 齋藤孝さんの「くすぶる力」

 どうしようもなくモヤモヤしている時に書店で出会った本。

 惹かれたのは、

・ くすぶっている間に溜めた精神のガソリンは、一旦火が付いたら簡単には枯渇しない。

・ くすぶっているんだ、という意識を持って、精神のガソリンを溜めよう。

 という内容です。

 

■ 「認められたい」とくすぶっていた過去 

 振り返ると、僕はくすぶっていた期間が長かったように思います。

 「人より」とかいう比較ではなく、主観的に。

 

 勉強も、スポーツも、認められた記憶は殆どありません。

 町内のソフトボールや部活ではずっと補欠でした。

 大人からは「お前はダメな奴だ」と言われていました。

 特に小学校、中学校の頃はひどかったです。

 子供ながらに、「自分はダメだなぁ…」と自覚していました。

 そのせいか元々か分かりませんが、セルフイメージは低い方だと思います。

 

 明らかに悪いことをして「お前はダメだ」と言われるのならまだ分かるのですが、普通に生きて、むしろ真面目な方なのに、「お前はダメな奴だ」と言われていました。

 

 高校時代は、本当に教師を憎んでいました。

 今でも夢に出てきます。

 あの時つかれた嘘、されたことは、一生忘れません。

 だけど、もう恨んではいません。

 そこでくすぶっていたことがエネルギーになって大学に受かりましたし、あの教師達とはかけ離れた所までいくつもりです。

 

■ 渇望

 このように、認めてもらいたい気持ちは人一倍強いのに、全然認められない。

 だから、余計に認められたいと渇望しました。

 そのギャップが、くすぶりでした。

 

 「もっと大変な人は居るよ」と言われても、自分の体と心はひとつです。

 皆それぞれ辛い過去や辛い思いはある。

 単純に、僕にはそういう辛かった時期がある。それだけのことです。

 

■ エネルギーへの転換

 どんな出来事も、意味付け、捉え方次第です。

 「認められたい」という渇望感というのは、確実に今の自分のエネルギーになっています。

 ただ、最近は、昔のような認められたい願望ではありません。

 昔の認められたい願望は、他者への希望です。

 「ねぇ、認めてよ!」という。

 エネルギーが他者に向いています。

 

 だけど今の僕は、そのエネルギーは自分に向けようとしています。

 確かに、認められたい。

 だけど、そのエネルギーを自分に向けています。

 そして、成長すれば、自然に認められるようになるんじゃないか、と思っています。

 

 

 くすぶっていた当時は辛かったですし、今でもくすぶっています。

 だけど、意味づけや努力次第で、プラスに変えられるんだと実感します。