(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「一人で行動する」というススメ。

 僕は一人でランチを食べます。

 「寂しいんですね」と思われるかもしれません。

 

 社会人になってしばらくは、一人で食べるのも寂しいし、誰かと行っていました。

 

 ただ、誰かとランチに行くと、当然ながら自由がありません。

 僕はとにかく本を読みたかったので、一人で食べるようになりました。

 本を読みながら食事をして、食後にしばらく本を読んで会社に戻る。

 これがとても幸せでした。

 

 これは性格ですが、どうしてもお昼時の飲食店が好きになれません。

 行列に並ぶのも、食後のなんとも言えない雰囲気も、どうしても好きになれない。

 どこからともなくグチや批判が聞こえてくると、気が滅入ります。

 

 確かに、誰かとランチに行くメリットは大きいとは思いますが、僕にとっての優先事項は、自由と環境でした。

 ですから、今では「寂しい」という思いはなく、自分の好きなことを選んでいるという感覚です。

 

 皆さんの中には、そもそも一緒にランチに行けるような人が居ないかもしれない。

 あるいは周りに馴染めないだけかもしれない。

 一人だけ仲間外れのような状況だと辛いと思います。

 

 だけど、たとえ「仕方なく一人になった」のだとしても、一人を愉しむ意識を持てばいいわけです。

 周りは「一人で寂しそうだね」と思っても、自分が充実感を感じていればそれでいいわけです。

 きっかけはどうあれ、「自分はこれがいい」という感覚を持ちたいものです。

 

 一人なら一人なりの、一人でしか出来ないことがあります。

 自分を押し殺して誰かと過ごすより、自分が輝けることのために一人で力を溜めるというのも素敵です。

 

 時々、一人で優雅にランチをしている素敵な人を見かけます。

 「今日は一緒に行く人が居ないので仕方なく一人です」という人とは、雰囲気が違います。

 

 一人で行動するようになると、色々なことが見えてきます。

 これも、醍醐味です。

 

 四六時中一人でいましょうということではありません。

 無理して誰かと居なければならない理由はないし、誰かと一緒でなければならないという習慣を、一度疑ってみましょうという提案です。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ