(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

ファッションは、外見と内面に影響する。

■ ファッションは、面白い。

 服、鞄、アクセサリー、小物など、ファッションは、面白い。

 お洒落について語りたいのではありませんし、良し悪しを語れるセンスもありません。

 ただ、本当に、ファッションは面白いと思います。

 

■ ファッションの影響

 ファッションは、外見、つまり”人からどう見えるか”に大きく影響する。

 

 また、外見のみならず内面にも影響する。

 つまり、僕の場合、例えばシャキッとした服を着ていると気持ちまでシャキッとする。

 あまり気に入っていない服を着ていると、あまり気分が乗らない。

 

 周りから見ると、どこのメーカーだか、安いんだか高いんだか分からないようなものでも、自分が気に入ったものを身に付けていると、それだけで気分が乗る。

 ロゴや際立った特徴もない真っ白なシャツでも、自分が”コレだ!”と思って買ったものなら、気分が乗る。

 高ければ良い、ブランド物なら良いというわけではなく、自分が気に入っているかどうか。

 

■ 外見で大切なこと。

 外見、つまりどう見えるかについては、”どう見せたいか”、”どういう印象を与えたいか”が大切だと思う。

 身に付ける物一つで、印象が大きく変わることもある。

 

■ ファッションは、武器になる。

 自分が与えたい印象を与えることもできるし、気持ちを盛り上げることもできる。

 反面、服装で悪印象を与えることもあるので、その意味では足を引っ張ることもある。

 僕の場合は、TPOに応じた制約は、できるだけ守る。

 人に与えたい印象も、大切にする。

 その中で、自分の好きなファッションをする。

 制約があっても、楽しめる部分はある。

 

■ ファッションに無頓着というのは、少し勿体無い気がする。

 ”ファッションを楽しむ”というところまでいかなくとも、話し方や礼儀作法を身につけるのと同様、気を遣う対象ではあると思う。

 

 時折、仕事で、驚くようなファッションの人に出会う。

 本人には凄くこだわりがあるのかもしれないし、逆に無頓着なのかもしれない。

 ただ、プライベートならまだしも、仕事で人を驚かすようなファッションをするというのは、やはりマイナスでしかないように思う。

 

 僕が尊敬する方の中に、服に無頓着だと自認されている方がいる。

 確かに、ブランド品や際立ったお洒落をされているわけではない。

 だけど、いつも清潔感があって、ファッションも一体となって、凄くオーラがある。

 無頓着だという言葉を聞くまで、ずっとお洒落に興味がある方だと思い込んでいた程。

 無頓着と言いながら実は気遣っているのか、あるいはブレーンがおられるのか。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ