(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

辛い経験があるからこそ、分かる痛みがある。

 槇原敬之さんの「君の声を待つ夜」という歌の中に、

思いだせる痛みがあることで

誰かに優しくなれるのなら

僕も風邪を引いたことがあってほんとうによかった 

 という歌詞があります。

 

 10年ほど前に聴いた歌なのですが、なぜか、事あるごとに思い出します。 

 

 この歌詞の僕の解釈は、

 自分が辛い経験をしたことで、同じ辛い経験をしている人の痛みや気持ちが分かる

 だから、辛い経験も、悪いことばかりじゃない

ということ。

 もちろん、全ての辛い経験をそう思えるわけではありませんが。

 

 いくら相手のことを想っても、いくら一生懸命想像しても、経験しないと分からない痛みがある。

 だからといって、”あなたには分からないでしょ!”と拒否するということではない。

 ”どうせ分からないんだから何やっても一緒でしょ”ということでもない。

 その痛みを、経験として分からなくても、分かった気にならず、出来ることがある。

 

 その痛みを、経験として分かっているのなら、分かる人にしか出来ないことがある。

 ただ、本当に同じだけの痛みを分かることはできないと思っている。

 痛みの強さ、感じ方は人それぞれ違うから。

 

 もちろん、”辛い経験をしてよかった”とは言わないけれど、”経験したからこそ出来ることがある”とは思う。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ