(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

穏やかな話し方が、穏やかな生活を創る。

▼話し方、話す内容、表情、態度が穏やかな人は、心も穏やかなような気がする。

 それらが穏やかでない人は、心も穏やかでないような気がする。

 

▼顔を歪めながら、大きな声で(あるいは妙にヒソヒソと)、大きな態度で話している人が、前向きな話をしているのは、あまり聞かない。

 悪口、噂話、不平不満であることが多い。

 そういう人の心は、きっと穏やかじゃない。

 

▼そして、穏やかな話し方をする人は、同じように穏やかな話し方をする人と一緒に居ることが多い。

 逆も然り。

 類は友を呼ぶ。

 

▼心が穏やかだから、話し方等も穏やかなのか。

 それとも、話し方等が穏やかだから、心も穏やかなのか。

 どっちか分からないし、どっちもあるかもしれない。

 だけど、リンクしていることは間違いないと思っている。

 

▼心を変えることは簡単じゃないけれど、行動を変えることは比較的簡単。

 行動を変えることで、心も変わる。

 そしてなにより、同じような行動をする人が周りに増えていく。

 

▼穏やかな話し方をする。

 →心が変わる。

 →同じように穏やかな話し方をする人が周りに増えていく。

 →更に穏やかな話し方、穏やかな心になっていく。

 そういう連鎖があると思う。

 

▼穏やかに過ごすためには、環境や他人に期待するのではなく、自分を変えていく。

 ”周りが腹立つ人ばかりだから穏やかでいられない”と不平不満を言っても仕方ない。

 

▼僕が口ぐせを意識するきっかけとなったのは、佐藤富雄さんの本でした。

 「いい「口ぐせ」はいい人生をつくる―100万人の口ぐせ理論」

▼人生の参考書、千田琢哉さんの記念すべき100冊目は、口ぐせに関する本でした。

「1万人との対話でわかった 人生が変わる100の口ぐせ」