読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

自分のことが嫌い~「不器用を武器にする41の方法」(加藤嘉一さん著)を読んで~

 「不器用を武器にする41の方法」(加藤嘉一さん著)

 引き込まれる本でした。

 ノウハウやテクニックの類ではなく、どうあるべきか、どう生きるべきかを学ぶ本だと感じました。

 

 この中に、「自分を好きにならない」という章があります。

僕は、自分が大嫌いだ。

(中略)

でも、この「自分が嫌い」という価値観は、とても役に立っている。自分が嫌いだからこそ、努力しつづけるモチベーションを保っていられるから。

(中略) 

いろいろな考え方があるだろうけど、僕は自分を好きになったら終わりだと思う。努力しなくなる。成長しなくなる。

(中略)

僕は、「自分を高めつづけるために、自分を好きにならないでいます」と胸を張って言える人間でいたい。

 加藤さんと同じというのもおこがましいですが、僕も、同じことを思っています。

 つまり、僕は、自分が嫌い。

 こんなに未熟で不完全な自分が嫌い。

 だから、嫌いなところを一つでも消すために、必死で本を読んで、人の話を聴いて、努力してきました。

 

 多分、手放しで“自分のことが好きです“と言える人は少ないでしょうし、それを手放しで言ってしまうということに少し危うさも感じます。

 

 ただ、自分のことが嫌いだ、嫌いだ、と思い続ける位なら、好きになれるように努力をしたい。

 その努力は、単に心の持ち方を変えて自分を好きになるというよりは、努力をして、成長するための努力です。

 

 ただ、この考え方は、持ち方を誤るとしんどくなります。

 加藤さんの本に出会う前に、そのことをこのブログにも書きました。

 ▷「満たされない感」の負の側面から、どうやって自由になるか。

 

 この考え方は、いつの間にか根付いていました。

 うまい付き合い方は、未だによくわかりません。

 ただ、加藤さんのような方でも、そういう考えを持っておられるということで、少し救われました。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ