(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

頭が良くなればなるほど、口数が少なくなる(千田さんブログより)

 千田さんブログに、次のとおり書いてありました。

人は頭が良くなればなるほど、口数が少なくなる。

なぜかといえば、適当に話したことは必ず後悔するからだ。

 

きちんと相手のことを思いやり、真剣に考えていたら、話すことなんてない。

 

 僕は、考えなしに発言しているわけではないのですが、どうでも良いことを口にしたり、余計なことを口にしたりして、数えきれないほど後悔しました。

 

 特に、「何か喋らなきゃ」とか、「ちゃんとしたこと言わなきゃ」と思って発言して、「しょうもないこと喋ってしまったなぁ・・・」という後悔は多々ありました。

 そして、「たいしたこと言えないなら、喋らなきゃいいのに!」と自分に突っ込んでいました。

 

 そういう後悔を重ね、徐々に口数が減っていきました。

 頭に浮かんでも、口にしないという選択ができるようになったから。

 沈黙でも良いと考えられるようになったから。

 

 これが、千田さんの言う、頭がよくなったということかもしれません。

 

 「とりあえず言っておこう」という感じで発言をする人がいます。

 

 しかし、まず自分の中で、

 ・ そもそもその発言の内容が正確なのか。

 ・ 仮に正確だとしても、今それを言うべきなのか。

 ・ その表現で良いのか。

 そういったことを考えた方が良いと思います。

 

 そういうことを考えられるということも、頭がよくなるということかもしれません。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ