(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

迷う。悩む。そして、夢を育てる。

 「他の職業は考えなかったのですか?」

 

 そう聞かれると、

 「今の職業以外考えませんでした。」

という答えになります。

 

 そこだけ切り取って、良い風に言えば、

 「一心不乱に、脇目もふらず、目標に向かって努力しました。」

ということになります。

 

■ 自分は視野が狭かった

 だけど、何か、違うんです。

 今思うと、目標を掲げた頃の僕は、ただただ視野が狭かったし、結果が出なかったときのリスクをあまり考えていませんでした。

 そういう形で掲げた目標だったこともあり、大学生の時は本気になれない、なんとも中途半端な取り組み方をしてしまいました。

 

■ 素晴らしい生き方はたくさんある

 社会に出て何年も経った今では、学生の頃には持てなかった色んなことに興味を持っています。

 今の職業に誇りを持っていないとか、やる気が無いとか、そういうことでは決してありません。 

 

 ただただ、今になって、昔の自分の狭さを痛感して、世の中には、素晴らしい職業、素晴らしい生き方の選択肢がたくさんあることに気付きました。

 考えてみれば、当たり前のことですよね。

 なのに、当時の僕はその視野を持てなかった。

 そして、持とうと思えば、持つことはできました。

 

■ 若い方の声

 若い方から、

 「いろんな職業に興味があって、絞れない」とか、

 「リスクを考えると、挑戦するのに躊躇する」

という声を聞くことがあります。

 

 そして、僕のように、「一心不乱に、脇目もふらず、目標に向かって努力しました。」という人間を見て、

 今絞り切れない自分を、良くないことと考える人がいるかもしれません。

 挑戦するのに躊躇する自分を、逃げてるんじゃないかと考える人がいるかもしれません。

 

 だけど、若い方が、色んな分野や職業に興味をもって、リスクを考えるのは、むしろ自然で、合理的なことだと、僕は思っています。

 

■ 夢や目標を、育てる。

 僕は常々、夢を持とうとか目標を持とうと言っています。

 

 だけど、夢や目標は、とにかく大きければ良いとか、とにかく早いほうがいいとか、そういう単純な話ではないと思っています。

 動いて、知って、考えて、その中で育てていくものだと思います。

 イメージとして、一旦広げてから、絞っていくもの。

 最初から絞るのではなくて。

 

 結果的に大きな目標を持って、それに一心不乱に挑んでいくことは薦めますが、大きな目標を持って、それに一心不乱に挑んでいくこと自体が目的ではありません。

 だから、早く大きな目標を持って、それに一心不乱に挑むことを目指すがあまり、あえて他の選択肢を見ないふりしたりとか、自分をごまかして追い込むようなことにならないで欲しい。

 そう思っています。

 

 ただ、いつまでも悩み続けていては、それだけで終わってしまいます。

 自分なりに、期限を決めたり、目標を決めるためにどういうことをするかを決めたり、具体的なアクションが伴ってこそだと思います。

 

↓この記事を気に入っていただけましたらクリック(投票)お願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ