(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

若い時,立場が下の時こそ意識したい,「役得」

■ 「役得」という言葉

 尊敬する先輩が,「役得」という言葉を使っておられました。

 馴染みのなかった言葉だったのですが,意味は,

 その役目についていることによって得られる特別の利得や特権goo辞書より)。

 

■ 若い時こそ役得を意識

 若い時こそ,立場が下の時こそ,この「役得」を意識してチャレンジしたい。

 自分より若い世代にも,そうして欲しいと思います。

 

■ なぜ役得を勧めるか?

 若い時,立場が下の時というのは,できること,与えられるものが限られています。

 それにもかかわらず,立場を飛び越えて多くのことを学べるのが、役得です。

 そこで学びによって、成長できるからです。

f:id:happylife_r:20150207181753j:plain

■ 多くの人が,引き受けたくない。

 組織やグループの中で,「誰かがやらないといけないこと」,「若手がやること」みたいなもの,ありますよね。

 多くの人は,引き受けたくない。

 面倒だし,責任も生じるし。

 特に,今までやったことのないことは,抵抗があります。

 

■ どんな「得」があるか?

 目上の人と行動を共にできる,人脈を作れる(顔を覚えてもらう)など,役を引き受けなかった人は得られない得を得られます。

 自分の立場ならゆっくり話ができないような人と,役があるからこそご一緒できたり,感謝をされたりもします。

 目上の人と行動を共に出来れば,顔を覚えてもらえるだけでも得です。 

 更には、目上の人と行動を共にして,観察して,学べぶこともできます。

 一見,短期的には得が少なくても,その積み重ねが信頼となって,大きな役を任されることもあります。

 

■ ゴーを出すのは自分。

 特に社会にでると,皆忙しい。

 現状に加え,責任が生じること,時間と労力を費やすことを背負いたくない。

 だけど,裏を返すと,責任を覚悟し,時間と労力さえ掛ければ出来ることはあります。

 自分さえゴーを出せれば,引き受けられることはたくさんあります。

 幹事でも、司会でも、書記でも、カバン持ちでも、見渡せば色々あります。

 

 責任について言えば,周りだって,「この人ならやれる」と思うから任せるわけです。

 新入社員に,社長と同じような難しい判断を任せることはありません。

 自分的には「こんなこと、できるかな・・・」と不安になるようなことでも、客観的に見ると「十分果たせる」ことが多いと思います。

 

■ あくまでも,「自分の成長のために」

 なんでもかんでも引き受けましょうということではありません。

 引き受けすぎて中途半端になるのは本末転倒ですから。

 

 やりたくないことでもやりましょうというのも少し違います。

 

 「やるにしても、やらないにしても、役得を意識して判断したい」ということです。

 

 会社への奉仕精神を持ちましょうということでもありません。

 

 あくまでも自分の成長のためです。

 自分の成長のために役を引き受けて,しっかり仕事をこなせば,誰も損しません。 

 全く「利己的」ではありません。

 

▼尊敬する千田琢哉さんには、仕事が出来る人のノウハウが満載です。

 千田さんの本は、僕の参考書。 

 ブログ書けない日もほぼ毎日つぶやいてます。 

 よろしければフォローしてください!

 【Twitter】Reo Arai (@reo_arai) | Twitter

現在提供中の全コンテンツはHPまで! 

意識と行動で人生は好転する!

メッセージもお気軽に!

「今こういう状況なんですが、どれを受けるといいでしょう?」などのご相談・ご質問、応援メッセージ、取り上げて欲しいテーマなどもお待ちしております! 

Contact - 意識と行動で人生は好転する!