(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

道を切り開く。そして,感謝を強要しないという品格。

 「これからあなたがこの道を通るとき,あなたが,生い茂る木や雑草を払いのけることなく歩けるのは,私が先を道を作っておいたからだ」

 

 私はそうやって,自分の頑張りを「わざわざ」分かってもらたいという気持ちになってしまうかもしれません。

 

 だけど,そういう気持ちになるべきではない。

 仮にそういう気持ちになっても,言葉や態度に出すべきではない。

 

 その理由をうまく言葉にはできません。

 どの言葉を選んでも,少しずつ,物足りない表現にしかなりません。

 

 それでも,直感的に,そう思いますし,その直感は,間違っていないと思います。

 

 言わなくても,誰かは分かってくれるはずです。

 誰も分かってくれないかもしれないけど,それもいい。

 

 もし自分が切り開いた道や,自分のアシストによって,誰かが周りから愛され,気持よく,明るい未来へ歩を進められたのなら,自分が何をしたかなんて言わずに,素直に喜び,高い位置で拍手をできる人間になりたい。

 

 改めて考えてみれば,会社がある,インターネットがある,道路がある,お店がある,電車が走っている等々。

 自分が 今の生活を送れるのは,先人が莫大な時間・労力・お金を使って切り開いてくれたおかげです。

 

 反対に,私が誰かのためになっていることなど,広い世界,長い歴史からすればほんの僅かなことです。

 

 その僅かな貢献にしがみつき,感謝を強要するような態度は,あまりに的外れなことだと,改めて感じました。

 

 誰かのために,黙々と道を切り開こう!

  

↓いつもクリックありがとうございます!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村