(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

残すor捨てるの作業で,「マイ定番」が発見される。

好きなものを残すということ

 一時期,物を捨てて,好きなものだけ残すことを徹底しました。

 【関連記事】捨てること,片付けること,物を持たないことは気持ちいいし,かっこいい。

 

効用は?

 好きなものだけが残ったその状態が気持ちいいというのが一つ効用です。

 そしてもう一つ,最近強く実感するのが,「マイ定番が見つかること」

 

 捨てるか・残すかという検討を繰り返すと,「どういう物は捨てるor残す傾向にあるのか」がわかってきます。

 例えば,

 ・ バーゲンで,「これあると便利。安いから今のうちに買っておこう」と考えて買ったものは捨てる傾向

 ・ 勢いで買った服は捨てる傾向

 ・ 雰囲気買いした雑貨は捨てる傾向 

 ・ この配色は,残すor捨てる傾向

 ・ このお店の服は,残すor捨てる傾向

などなど。

 

「マイ定番」とは?

 買った直後は,輝いて見えます。

 ところが,残す傾向にある物は,買ってからorもらってからある程度時間が経っているのに,輝いている物です(近藤麻理恵さんの言う,「ときめく物」)。

 

 これが,「マイ定番」になるものです。

 シャツならあの店(もっと絞れば,あの店のあのシリーズ),スーツならあの店などなど。

 「マイ定番」を買うようにしていれば,いつでもときめく物に囲まれていられます。

 

 同じようなものばかり買うのは一見面白みがなさそうですが,「マイ定番」を買うというルールを設けても,どうしても衝動買いはするし,マイ定番を破る物も買ってしまいます。そして,失敗します。

 

 だから,原則は,やはり「マイ定番」で良いと思います。

 

 そして,流行,年齢,好みも変わりますので,「マイ定番」もある程度変わっていくはずです。

 それでも,「マイ定番」を持っておくことは強いです。 

 なぜなら,「マイ定番」は,自分の好みの核心を突いたものだからです。

 その核心を知っておくことは,変化する際にも重要な軸足になるはずです。

 

↓この記事を気に入っていただけましたら,クリック(クリックだけで投票になります)していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村