読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

『自分自身の成長実感』こそが,ワクワクの核心。~「媚びない人生」(ジョン・キムさん著)を読んで考える~

1 ジョン・キムさんの言葉

 ジョン・キムさんの「媚びない人生」を再読しています。

  この本に,

「生きていく上での最大の喜びは,自分自身の成長実感に他ならない」

とあります。

 そして,

 「必要なことは,何より自身の成長を意識することだ。未熟から成長に向かうプロセスこそ,生きる意味だと気づくことである。これを懸命に続けられた人生こそ,すばらしい人生だと私は思っている。本当の幸せは,この過程にこそ潜んでいる」

   と続きます。

 

 僕がここ2,3年で感じていたことは,まさに上記の言葉に集約されていました。

 僕が下の記事で書いたのも同趣旨でした。 

読書は楽しい。~成長を実感出来れば,どんどん楽しくなる!~ - 意識と努力で人生は好転する。

 

2 成長実感を得るためには?

(1)まず成長

 成長実感を感じるためには,当たり前ですが,まず成長しなければならない。

 

(2)きっかけ

 そのきっかけは,たまたま会社から与えられることの中に潜んでいるかもしれないし,自分から成長を意図して行動を起こすこともあるかもしれません。

 

 そしてそのきっかけは,形や数などに差はあっても,万人に訪れるように思います。

 ただ,せっかく何かきっかけがあっても,逃げたり,後ろ向きな姿勢で取り組むと,成長は乏しい。

 

(3)成長実感を得た後

 また,成長できても,「あぁ,終わってよかった」とそこで止まってしまっては,単発の成長実感でしかありません。

 単発ではなく,成長実感を得られる好循環を作り出し,続けること。

 この好循環が作り出せれば,

 成長実感→喜び→もっと成長実感を得たい→行動→より多くの,より大きな成長実感→より多くの,より大きな喜び・・・

という状態になれるように思います。

 

(4)好循環を作り出すために必要なこと

 上記で引用した「何より自身の成長を意識することだ。未熟から成長に向かうプロセスこそ,生きる意味だと気づくこと」なのだと理解しています。

 何のためにやってるのか分からないと,好循環を作り出すモチベーションが上がりません。

 

(5)「未熟から成長に向かうプロセスこそ,生きる意味だと気づくこと

 時間は命の断片です。

 何をやって,何をやらないか。

 数えきれない程のこの選択を毎日しています。

 残念ながら,上記の気付きがないと,目先の基準で選択を繰り返してしまいます。

 

 も,目先の基準で選択してしまうことも多々あります。

 時に無駄な時間・お金の使い方をしてしまいます。

 しかし,気づいているかどうか。これは大切だと思います。