(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

信頼と感動は,「○○なのに○○してくれた」ところに生まれる。

 相手を感動させる,信頼を得る一つの典型は,

 「○○なのに,○○してくれた」

ということです。

 

 「あの人が,一対一で話をしてくれた」

 「忙しい人なのに,会ってくれた」

 「昨日頼んだばかりなのに,もう仕上げてくれた」

 

 良い方向に予想が裏切られたので,その分感動するし,信頼します。

 

 「○○だから,○○だった」

は,予想通りです。

 予想通りであっても悪い方向に期待を裏切らないことを続けるのも大切です。

 

 「○○なのに,○○してくれなかった」

は,悪い方向に予想が裏切られたので,余計に失望するし,信頼を失います。

 

 「1ヶ月以上も前に頼んだのに,なかなか仕上げてくれなかった」

 「今日中に連絡くれるって言ったのに,くれなかった」

 

 良い方向に期待を裏切るためには,期待を小さく持ってもらう必要があります。

 ただ,それは,「どうせあの人はやらない人だから」という意味で期待自体を下げるのではなく,自分が大きくなることで,相対的に期待を小さくしてもらうということです。

 

 ↓ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら,クリックしていただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村