(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「信頼される人の仕事術」系の本は,合格体験記と同じ!?~大切なのは,根底に流れる共通点を理解する~

1 大切なのは,共通点

 書店には,「信頼される人の仕事術」のような本がたくさんあります。私もたくさん読んでいます。

 

 書いてあることはそれぞれ違います。

 表現が違うだけのこともあれば,内容自体180度違うこともあります。

 

 では,ある本が間違っていてある本が正解か。

 そういうわけではありません。

  

 本には具体的にこうしましょう,ああしましょうと書いてありますが,大事なのは,「その根底に流れる共通点」だと理解しています。

 

 だからこそ,「似たような本読んでも仕方ない」,「書いてあることが違うから意味が無い」などと切り捨てず,似たようなテーマの本を読むことで,その共通点を理解できます。

 

 反対に,一冊だけしか読まず,ただ真似するだけでは足りないと思います。

 

2 合格体験記と同じ

 このように考えると,受験合格者が書く合格体験記と同じです。

 

 合格体験記を書いている人は,全員合格しています。 

 だから,「合格するために何をやりましたか」という意味では,全て正解なのです。

 合格して振り返ると,「これはやらなくてよかった」ということもあるでしょうが,それも含めて結果として合格しているわけですから,全て正解。

 

 しかし,合格者の能力,勉強時間,使っている参考書,学校等はバラバラです。

 だけど,共通点はあります。

 Aという参考書を使ったかBという参考書を使ったか。

 5時間勉強したのか10時間勉強したのか。

 それはあくまでも現象面です。

 そうではなく,その現象面の根底に流れる,その参考書の使い方,勉強への取り組み方等の共通点こそが,合格体験記のエッセンスです。

 

 信頼される仕事術系の本も同じで,実際信頼されている人が書いたのであれば,全て正解なのです。

 

↓ランキングに参加しています。気に入っていただけましたら,クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村