(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

本は,「努力する方向などを示してくれるガイドブック」

 本は,「努力する方向などを示してくれるガイドブック」だと思います。

 

 誰しも,仕事でも,プライベートでも,「もっと良くしたい」と思っているはずです。

 

 そのために折角努力するのなら,出来るだけ結果を出したい。

 

 そのためには,ウンウン自分で考えてがむしゃらに努力するのではなく,自分がなりたいと思える人の本を読めば,努力の方法,方向,問題解決方法などが分かり,結果が出る確率はグンと高くなります。

 

 知らない土地に旅行に行く場合と似ています。

 単に「絶景が見たい!」と考えて,あてもなく,情報もなく彷徨うより,具体的にどういう景色が見たくて,そこにいくにはどういうルートがあって,どういう問題が起こりえるか等を知っていた方が得策です。

 

 本を読まないと成功しないわけでもなく,自分で考えて成功している人もいるというのも事実だと思います。

 旅行の例で言えば,たまたま絶景に辿り着けることもあります。

 

 ただ,私の場合は,そもそも努力の方向がわからないし,努力をした先にどういう景色が待っているのかも分からない。

 そんな中で,今この瞬間からできる努力が,本には書いてあります。

 

 本を読めばより良くなるという確証はなくとも,より良くする確率を上げようと思えば,やはり本を読むという選択をします。

 もちろん本だけじゃなくて,人に会うことも大事です。