(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

「どうせ上司は分からず屋だから言っても仕方ない」で責任放棄をしない。

 「どうせ上司は分からず屋だから言っても仕方ない」

  

 このように,アクションを起こす前に諦めてしまう人がいます。

 確かに,部下からすると「分からず屋」かもしれません。

 上司と部下とでは見えている世界が違うので,お互いがお互いのことを「分からず屋」と思っていても何ら不思議はありません(どちらが正しいということではなく)。

 しかし,「どうせ上司は分からず屋だから言っても仕方ない」と思っていても,そのことと,「言うべきこと」を言わないこととは別問題です。

 部下として,問題を未然に防ぐため,あるいは会社にとってプラスになるようなことであれば,言うべきだし,言う責任があると思います。

 それを,「どうせ上司は分からず屋だから言っても仕方ない」という論理を使って,「言わない」のは,責任逃れと取られる場合もあります。

 上司が変わらないこともあるだろうし,問題が防げないことも当然あります。

 しかし,少なくとも自分でアクションを起こせる範囲では,その責任を全うすべきではないかと思います。

↓ランキングに参加しています。 気に入っていただけましたら,クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村