(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

千田琢哉さん新刊2冊発売~私なりの千田本との付き合い方~

 千田琢哉さん新刊2冊。

 

 昨日発売の

君にはもうそんなことをしている時間は残されていない

 本屋さんに行ったら,まだ入荷しておらず。

 今日発売の

「どうせ変われない」とあなたが思うのは,「ありのままの自分」を受け容れたくないからだ

 2冊買うため大型書店に行ったところ,2冊とも買えました。

 鼻血が出そうです。


<私なりの千田琢哉さん著書との付き合い方。>

 

 上記2冊を合わせた著書は60冊あります。

 私は,全て揃えることは目的にはしていません。

 いつも千田さんの本には目を向けていますが,自分がそのとき考えている課題,知りたいことを基に買います。

 (千田さんの本には,その人の著書等を全て読んで,しゃぶりつくせと書いてありますが。)

 

 千田さんの本は中毒性があります。誰にも迷惑をかけない最高の。

 一冊読み終えると,また一冊読みたくなります。

 そうして,どんどん増えていきます。

 

<「20代」というタイトル>

 千田さんの本には,「20代」と付くものが少なくありません。

 私は,「タイトルが20代だから30代の自分にはもう必要ない,もう手遅れ」などと思わず,買うようにしています。

 もし,既に自分が20代のときに実践できていることが書いてあれば,「よしよし,できてるぞ」と思い,実践できていないことが書いてあれば,「今からでも実践しよう」と考えます。

 

 以前友人に千田さんのことを話したら,「20代ってタイトルが多い人だよね。俺はもう30代だからなぁ」と言っていました。

 もったいない。もちろん買ったほうが良いと薦めました。

 

 千田さん自身は,インタビューで, 

「タイトルにつけた“20代”は、年齢の区切りではなく『自分を変える決断のできる人』という意味。私は、『今日から変わろう、変わりたい』という決断ができる人に向けて書いている。60代でも70代でも意志があれば、20代です。」

と述べておられます。

 やはり20代でないと意味がないなんてことは無いんですね。