(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

相手を変えるのではなく,ネガティブな話を耳に入れないような自分になる努力。

 人の粗探しをしたがる人がいます。

 何かにつけて口や文句を言う人がいます。

 誰かの失敗談や噂話をしたがる人がいます。

 それを聞いた相手が,「えー!そんなことあったのぉ!」,「詳しく教えてよ」とリアクションすれば,またそういった話します。

  

 しかし,愚痴や噂話をしないことが唯一の正解ではありません。

 それも良し,そうしないも良しです。

 

 要は,自分はどういう生き方をしたいか,だと思います。

 

 もし愚痴や噂話は避けたいのに,愚痴や噂話が耳に入るのは,そういう人の話を聞いてしまっているからです。聞いてしまうから,また話をされてしまうのです。

 あるいは,そういう話が出やすいグループに属しているからです。

 

 私は,ネガティブな話は極力耳には入れたくありません。

 だから,愚痴や噂話をされても,無関心な対応をします。

 ネタを提供した相手にとっては,全然面白くないだろうな,という対応をします。

 

 耳に入れたくないのだから,関わりを断つ。

 職場など,一定の関わりを持たなければならないのなら,せめてネガティブな話題をするという関わりを断つ。

  

 「そういう話やめてよ」と言ったり,「そういう考え方はよくない」と指摘したりはしません。

 それを言っても相手は変わりませんし,反対にこちらが文句を言われかねません。

 それに,言わない人が正解というわけでもありません。

 自分が,そういう話を耳に入れたいか,入れたくないか,だと思います。

 

↓この記事を気に入っていただけましたら,クリック(クリックだけで投票になります)していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村