(旧)意識と行動で人生は好転する!

弁護士×プロコーチ×セミナー主催者のパラレルワーカー新井玲央奈のブログ。

【人間関係の苦しみから解放される方法】「〜すべき」がずれるのは自然なことだと認識するのが出発点。

 人は誰しも「見えている世界」が違います。

 だから,「○○だから,こうすべきでしょう(こうしないのはおかしい)」と言ったところで,「○○だから」の時点で既に認識がずれていることはしばしばあります。

 理由は,「見えている世界」が違うからです。

 

 「〇〇だから」という前提が違うのですから,「こうすべき」の結論部分がずれることは当然のことです。

 

 まずは,出発点として,このことを認識します。

 

 これを認識せず,「おかしい」,「分からず屋」などと憤っていても,苦しいだけです。

 

 自分の見えている世界で言うところの「正しい」が,絶対に正しいことだと思い込んでしまうと,世の中を見渡せば,正しくない人だらけです。

 

 「正しくない人だらけだな」,「分からん人だらけだな」と思いながら暮らすのは,非常にしんどい。

 何をやっても,誰に会っても,正しくない人ばかりなのですから。

 その度に腹が立って仕方ありません。

 

↓この記事を気に入っていただけましたら,クリック(クリックだけで投票になります)していただけると嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村